01

GMC-Way

各注文の生産状況をリアルタイムで確認できる

GMC-Way

GMC-Wayは、一元管理されたOpty-Way Enterprise データベースにより各注文の生産状況をリアルタイムで確認できるツールです。
破損した場合、再製造情報は自動的に作成され、手動入力は不要です。
日、週、月毎の生産統計を確認することが可能です。

02

GMC-Monitor

各装置の生産ラックの割り当てを可能に

GMC-Monitor

GMC-Monitor

GMC-Monitor

GMC-Monitor

GMC-Monitoryは、各装置の製造時間と割り当てられた部材を記録し、各装置の生産ラックの割り当てを可能にします。破損した場合には、再製造情報は自動的に作成され、手動入力は不要です。
日、週、月毎の生産統計を確認することが可能です。

03

GMC-Way IG-In & IG-Out

リアルタイムの生産状況とガラスの位置を知るために必要なすべての情報を表示する

GMC-Way IG-In & IG-Out

GMC-Way IG-InとGMC-Way IG-Outは、IG生産ラインのライン入口とライン出口に設置されたコントロールステーションです。リアルタイムの生産状況とガラスの位置を知るために必要なすべての情報が表示され、サーバーに転送されます。
IGライン入力時には、生産ラック情報、B.O.M.、および異形情報が表示されます。
フットスイッチ、ボタンスイッチ、または バーコードスキャンにて、すべての情報が チェックポイントからサーバーに転送されます。
IGライン出力時では、バーコードを介して配送用ラックの割り当てと梱包票を印刷することが可能です。

04

GMC-Way TG

大きな端材の削減と切断ラインの全自動化を可能に

GMC-Way TG

GMC-Way TGは強化ラインの投入口に設置されたコントロールステーションにて各強化バッチに対してローディングシーケンス(投入順位)を作成するために使用されます。
強化炉の運転が確認されるとすぐにすべての情報がデータベースに転送され製造時刻を記録し、製造順序でラベルが印刷され、製造完了が確認されます。