シングルユーザー向けへの解決策

01

Edit-Way

高速な最適化システムに連携する

Edit-Way

Edit-Way

Edit-Way

Edit-Way

Edit-Way

Edit-Wayプログラムは、切断オペレータが直接現場端末機上で、切断ガラスを編集可能なモジュールで、高速な最適化システムに連携する設計となっております。
これは、手動入力時の作成やOpty-WayまたはOpty-Way Enterpriseの最適化プログラムによる最適化されたパターンを編集する場合にも使用できます。

02

NC-Way

板ガラス切断テーブルの製造業向けに特別に設計されたソフトウェア

NC-Way

NC-Way

NC-Way

NC-Way

NC-Way

NC-Way

NC-Wayは、板ガラス切断テーブルの製造業向けに特別に設計されたソフトウェアです。
Geo-Way、Cad-Way、TV-Wayにおける最適化ソフトウェアOpty-Way、Opty-Way Enterprise ERP 等 Optimaの他のシングル・ユーザ・アプリケーションと完全に統合されています。
基本的には、パラメータ管理、PLC/NCメッセージ表示およびサイクル管理 など、必要なすべての基本機能が利用可能な切断テーブルのユーザーインターフェイスのHMIです。

03

Optistrato

モニタ上に切断順位の動的表示を提供

Optistrato

Optistrato

Optistrato

Optistrato

Optistratoは、合わせガラスの切断および折り割りシステム向けに特別に作成されており、通常、切断工場のNC機に隣接するステーションに設置され、PLCと一体化されています。
これは切断順位のインターラクティブ制御として使用することができ、モニタ上に切断順位の動的表示を提供します。
オンボードデータ最適化、破損した場合、テーブル上のガラスを利用する場合の再最適化を含みます。
Opty-Way最適化ソフトウェアとOpty-Way Enterprise ERPから最適化を取得することもできます。

04

Opty-Way Single

最適化計画のためのシンプルなツール

Opty-Way Single

Opty-Way Single

最適化計画のためのシンプルなツールであるOpty-Way Singleは、オフィス内の別のPCにインストールされています。
Opty-Way Singleは、各メーカーからの特定な条件に基づいた注文を複数の切断テーブルにて運転することが可能です。また、IGスペーサーベンダーを統合することも可能です。
Opty-Way Singleは、主に単板および複層ガラスの最適化用に設計されています。(Harp Rackシステムでは容易にIGの組み立て指示が可能です。)
Geo-WayまたはCad-Wayと組み合わせて異形ガラスや自由な形状の硝子もサポートが可能です。