板ガラス取り合わせ最適化ツール、ラック管理用最適化ツール

01

Opty-Way

業界で最も広く使用されている最適化ツール

Opty-Way

Opty-Way

Opty-Way

Opty-Way

Opty-Way

Opty-Way

Opty-Way

Opty-Way

Opty-Wayは 20年以上の経験から今日、世界の板ガラス業界で最も広く使用されているオプティマイザ(最適化ツール)で、Edit-Way、Opty-WayおよびOpty-Way Enterprise製品ラインの中心です。
素板や切断ガラスのサイズに制限されること無く最適化することが可能です。
また、大小のバッチに対して最適な最適化出力が確保されるため、自動切断や手動切断プロセスにも役立ちます。

02

Re-OPT

プレートの端材の発生を防ぐ

Re-OPT

Re-OPT

Re-OPT

Re-OPT

Re-OPTは通常、NC制御切断テーブルの近くに設置された切断制御ステーションで、特に破損を管理し、最後のプレートの端材の発生を避けるために設計されています。
破損ガラスは、折り割り表示モニターを用いて選択し、次の使用可能な板ガラス上で、自動的に再最適化することが可能です(タッチスクリーンモニターを利用可)。
また、切断テーブルのオペレータによって破損等の報告が可能ですが、GMC-Monitor Tracking ステーションから破損報告した場合、現在の切断作業と同じ品種の追加切断を統合することも可能です。
通常のIGメーカーにとって、また Rack-Way システムと TV-Way ソフトウェアとの組み 合わせにおいて、生産順序が必須である場合、Re-OPTは非常に有用です。

03

Defect-OPT

大きな端材の削減と切断ラインの全自動化を可能に

Defect-OPT

Defect-OPT

Defect-OPT

Defect-OPT

Defect-OPT

Defect-OPTは、動的最適化システムで、Re-OPTの追加モジュールとして提供され、Deltamax社製のガラス検査スキャナーによって欠点として認識された領域を除外することが可能となります。
通常はクレーンローダーと切断テーブルの間に配置されます。
欠点がある場合、Line Manager モジュール(切断ラインの管理)が欠点の位置を取得し、ガラスの切断を行わずに Re-OPTモジュールによって、欠点領域を除いて再最適化を行い、新しい最適化結果を切断テーブルに送り、現在のプログラムの実行を再開します。
このモジュールは、大きな端材の削減と切断ラインの全自動化を可能にします。

04

Line Manager

大きな端材の削減と切断ラインの全自動化を可能に

Line Manager

Line Manager

Line Manager

Line Manager

Line Manager

Line Manager

Line Managerは通常、切断テーブルのNC制御の近くに設置された切断コントロール ステーションです。
クレーンローダー、自動折り割りおよび表示システム、端材保管システムおよびソートシステムで完全な切断ラインを管理するため、特別に設計されています。
切断に関するアプリケーションの調整、通信、割り当て等の集中管理機能を提供し、 生産サイクルのより効率的で費用効果の高い構成を実現します。
複数の切断 テーブル と連携する通信の サポートにより、シンプル かつ 直感的な方法で、すべての動作は、Line Managerのインターフェイスから直接連携しています。

05

TV-Way

ガラスの折り割りのスピードアップと停滞時間を減らす

TV-Way

TV-Way

TV-Way

TV-Way

TV-Way

TV-Way

TV-Way

TV-Way

TV-Wayは、折り割りテーブル作業者の前面に設置されたモニタ上に最適化後の切断パターンを実寸表示するソフトウェアです。
このソフトウェアを使用すると紙を減らすことができ、ガラスの折り割りのスピードアップと停滞時間の回避が可能になります。
ペダルスイッチを使用するか、切断テーブルのNCソフトウェアとの自動同期化(利用可能な場合)により、適切な折り割りパターンが自動的に表示されます。

06

Rack-Way

ガラス生産順位IDを整備最適化するための追加モジュール

Rack-Way

Rack-Way

Rack-Way

Rack-Way

Rack-Way

Rack-Wayは、ガラス生産順位IDを整備最適化するための追加モジュールです。
Rack-Way を使用すると追加の手動並び替えを減らし、折り割りテーブルの周りに最小限の「Aラック」または「Lラック」の スペースで生産性と品質を向上させます。
また、IG製造には「ハープラック」の最適化に推奨されます。

07

Nest-Way

規則的な形や形状の図形を自動的にネストする

Nest-Way

Nest-Way

Nest-Wayは、ウォータージェットNC機のような自動切断システムへの直接接続を備えた、規則的な形や形状の図形を自動的にネストするためのモジュールです。
その多用途性により、Nest-Wayはガラス部門外でも使用できます。
Nest-Wayは、非常に短い処理時間で最適な結果を生成し、廃棄や処分コストを大幅に削減するだけでなく、データの入力ミスや処理時間の削減にも役立ちます。